期間従業員による求人で人材を確保

  • 期間従業員の求人を掲載し採用する方法

    • 企業は人を採用したら自由に解雇することができないのが原則です。



      解雇するには正当な理由が必要であり一旦採用すると長期に雇用する必要があります。


      しかも人件費は固定費として業績にかかわらず発生する経費のため企業にとっても採用には慎重になります。


      しかし一時的に業務が多忙になることが明らかな場合には既存社員だけでは対応することができなくなり、それが業績に関わるものである場合には、企業は期間従業員の求人を出すことがあります。期間従業員は一般的な社員の採用とは違い、求人の段階で予め雇用期間が定められているため期間満了により雇用契約が終了となります。

      正社員を解雇するときのような正当な理由も必要ないのが特徴で、企業としてもこのような期間従業員を採用するケースが多いです。
      例えば業績が好調であるため工場の生産ラインを一時的に増やすためにスタッフ求人を掲載するケースもあります。



      生産のピークが落ち着く頃までの契約期間で働いてもらうことができ人件費も一時的に増加するだけで済みます。


      最近の働き方のひとつに派遣社員というものも一般的になり、派遣会社も多くなってきていてそこに登録しているスキルのある人材を必要な時に活用することが、採用を考えている企業としてもメリットが多くなっています。



      特別なスキルが必要な人材が必要な時には、一般に求人を公開して募集するよりも、派遣会社を利用することでピンポイントで必要な期間だけ働いてもらうことも可能になっています。