期間従業員による求人で人材を確保

期間従業員による求人で人材を確保

求人により雇用する際には様々なリスクがあります。就業したのちに、この人を雇ったのは失敗だったといったことが往々にして起こります。


そういった事に対してどのようにリスクヘッジを行ことが望ましいのでしょうか。



ここで、雇用形態について振り返ってみましょう。



雇用形態には、終身雇用、契約社員、期間従業員、パートタイマー、アルバイトといったものがあります。

終身雇用は文字通り定年まで雇用を続けます。


契約社員は1年といった単位での雇用です。期間従業員は文字通り1年のある一定の期間での雇用形態です。

パートタイマーは時間単位での雇用、アルバイトは短期間での雇用携帯になります。
終身雇用で雇用した後に、ミスマッチを感じても雇用契約を終了することはなかなか難しいものがあります。


そこで、期間従業員という形態で求人を行うことで、ミスマッチといったリスクを軽減することが期待できます。


期間従業員でのこようにおいては一定の期間が過ぎることで雇用関係を無理なく終了することができます。
もし、人材のミスマッチがあったとしても永続的に雇用関係を結ぶ必要はありません。
そのため、雇用する側、就業する側双方にとってメリットがあります。
逆に期間従業員として雇用して、この方にはこのまま就業してほしいといったばあいにそなえて、求人を行う際には終身雇用への転換可能といった条件についても明確に示すことで、応募する方へのモチベーションとしてよい方向に働くことも期待できます。



  • 雇用のコツ

    • 期間従業員の仕事は効率よく稼ぐことが出来る仕事が多いのが特長です。しかし、その仕事内容の中には熟練度を要する仕事も少なくありません。...

      detail
  • おすすめ情報

    • 期間従業員の求人は専門サイトで探すのが最も効率が良く、また待遇の良い仕事が見つかる方法です。その理由は、専門サイトの方が期間従業員の仕事の質を見抜くことが出来る担当者が運営していることが多いためです。...

      detail
  • 予備知識

    • 企業は人を採用したら自由に解雇することができないのが原則です。解雇するには正当な理由が必要であり一旦採用すると長期に雇用する必要があります。...

      detail
  • 身になる知識

    • 期間従業員というと短期集中でしか働けないから割に合わないというイメージがあるかもしれませんが、纏まったお金がいる時や学生さんには強い味方だと言えるでしょう。特に夏季や冬季の休暇における求人は馬鹿には出来ません。...

      detail